ご挨拶

滋賀県自転車競技連盟ホームページへようこそ!
 滋賀県自転車競技連盟は、1948(昭和23)年4月1日に発足した伝統ある競技団体です。
 ソウルオリンピックに日本代表選手を輩出したことを始め、過去から数多くの競輪選手やプロロード選手を輩出しております。
 滋賀県は、日本一大きな湖「琵琶湖」が中心にあることから、近年はその周囲を自転車で回る琵琶湖一周サイクリング(通称:ビワイチ)が活況を呈しています。
 滋賀県や関係市町もビワイチを一過性のブームに終わらせることの無いよう、本腰を入れて環境整備に取り組んでいます。
 また、周囲を比良、比叡、鈴鹿などの山系に囲まれていることから、平地、山岳など変化に富んだコースが比較的短い距離で設定可能な、自転車を乗るには最高の環境です。
 ぜひ、ビワイチで盛り上がっている滋賀県にサイクリングにお越し下さい。
 また、滋賀県では、2024年に二巡目の国民体育大会が開催されます。
 天皇杯、皇后杯を獲得できるよう、当連盟では自転車競技に参加される人数を増やす「すその拡大」のため、「エールコーポレーションカップ守山野洲川クリテリウム」や「ワールドサイクル&ベックオンフェスタ」を開催しています。
 おかげさまで、両大会とも多くの皆さまに参加いただき、大会関係者一同非常に喜んでおります。
 これからも「参加してよかった」「協賛してよかった」「来年も参加、開催したい」と、思っていただける「三方よし」の大会運営を目指して参ります。
 滋賀県自転車競技連盟の事業に、これからもご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

   滋賀県自転車競技連盟 
   会長 田中 廣光